経営戦略

ナンバーワンよりオンリーワンと言っちゃう脳ミソお花畑な人たちへ

【読了の目安 : 2 分】

ここ数日の新聞を一気読みして昨今のビジネス事情について思ったこと。

競争力を増そうとしたとき、テクノロジーやアイデア、ノウハウというのはもちろん大切だが、それが競争力を持ち得るのはほんの一瞬に過ぎない。

日本一や世界一の商品づくりも一緒。

ここでナンバーワンよりオンリーワンとか言っちゃうのは脳ミソお花畑な人の発想だけど、これはもっと壮大な話で、自動化と均質化(世界の!)の果てに人間の仕事はどこに行くのか?ってこと。

すでに差異化・差別化の要因は大っきい括りで『人間にしかできないこと』になっているし、突き詰めれば『あなたにしかできないこと』だ。

経営者であれば他社には不可能で我が社の人材にしかできないこと、となる。

人材が差異化・差別化の要因になるのであれば、他社と同じ商品、同じサービスを提供してようが選ばれるわけだ。

そんなことにはとっくに気づいていて我が社は戦略的に【人】を主軸とした事業展開、サービス展開をしているわけだ。

さて、そういう差異化・差別化された人材とは獲得するものではなく、育てるものである。

人を時間をかけて育てるためには、当然長く働いてもらわなくてはならないわけで、他社に浮気しないための魅力も必要だ。

日本の高度経済成長期を支えた終身雇用制度は、こうした鍛え抜かれた人材を輩出するビジネス環境を生み出したが、今はどうだろう?

終身雇用制度を復活させるべきと言ってるのではない。そんなこと言わずとも魅力ある会社の魅力ある人材は魅力が継続的に増していく状態が作られれば、辞めろと言っても働き続けるだろう。

ところで、あなたの会社には納得性が高く、人材が成長する人事評価制度があるだろうか。

そんなものはない、という人や会社で、人事評価制度の新設や刷新をお考えの人は一度相談して欲しい。

ピックアップ記事

  1. 腹筋ローラーのコツまとめ【初心者向け】
  2. 認可外だからこそ充実の保育が実現|これからの保育園事業を考える
  3. 選択と集中。1つのことから生まれる偉大な成果
  4. 【認識力を鍛える】感覚・知覚・認知とその先にあるもの
  5. マッチョが日本を救う?自己成長実感を刺激して中年男性市場を開拓せよ

関連記事

  1. 経営戦略

    販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法

    あなたがどんな職種、職業に従事していようが、自分が何者であるか、誰のた…

  2. 経営戦略

    失敗を失敗で終わらすから失敗。成功するまでやれば成功

    至極当然な話だが、常々顧問先にも口酸っぱく言ってることだ。(写…

  3. 経営戦略

    選択と集中。1つのことから生まれる偉大な成果

    創立二周年を迎えて株式会社コンセプト・コアは、お陰様で4月5日に二…

  4. 経営戦略

    一所懸命な人と一生懸命な人

    頑張っているのに成果がでない毎日目の前のことに一心不乱に取り組んで…

  5. 経営戦略

    会社の存続と成長を保証するもの

    利益より必要なものとは「社長、会社の存続と成長にもっとも必要なもの…

  6. 経営戦略

    家業から企業の経営戦略|目的からはじめよ

    経営戦略がなぜ必要なのか家業から企業への成長期にある会社にとって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

注目の記事

  1. 【設立】斬法総合研究所(きほうそうごうけんきゅうじょ)略称:…
  2. Life is Contents/主体的に生きるのか従属的に…
  3. 普遍性を追求すると何にでも活かすことができる
  4. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  5. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  6. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  7. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  8. 差別ではなく区別
  9. 謙虚さなしは成長なし
  10. 行動しなければ失敗も成功もできない

アーカイブ

  1. トピックス

    【設立】斬法総合研究所(きほうそうごうけんきゅうじょ)略称:斬総研(きそうけん)…
  2. トレーニング

    【実践レポート】35歳メタボ男の腹筋はバキバキに割れるのか
  3. 経営戦略

    家業から企業の経営戦略|目的からはじめよ
  4. トレーニング

    1cmを味わう
  5. よくある質問

    結果を出せる人・出せない人。結果を出す人が持つ思考習慣
PAGE TOP