問題解決

謙虚さなしは成長なし

【読了の目安 : 2 分】

常に謙虚でありたい

人生において大切にしていることの一つに「謙虚さ」がある。

謙虚さとは素直さでもある。

素直さとはいかなることに対しても耳を傾ける心である。

例えば、目下であろうが人からの助言に対して聞く耳持たぬという態度では其の人の成長はたかが知れている。

そもそも人がそう感じるという体験談は、ある意味真実であり、その人個人の体験談を第三者の何人たりとも侵害することはできないのだ。

謙虚とはあるがまま

さて、生きていれば誰でもうまくいったりいかなかったりというのは日常的にあるものだ。うまくいったら最高でうまくいかなかったら最悪、ついてない、などと嘆く人がいるが、これなど「私は謙虚ではありません」と宣言しているようなものだ。

謙虚さをもって事態を把握すれば、人生には浮き沈みのバイオリズムがあったり、世界には陰陽、表裏があることも容易に理解できるし、我々はそれを良い悪いと「勝手に」評価、解釈しているにすぎないことに気づく。

だとすれば謙虚さとは事実をあるがままに見つめる心ともいうことができる。

情勢判断においては、戦略の立案のために正しい状況認識が必須である。どっちに転ぼうがそこに良い悪いなどなく、ただどっちかに転んだという事実しかない。

失敗をなきものとする人たち

本来的には物事に成功や失敗などないのかもしれない。

エジソンもこう言っている。

・失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。 勉強したのだと言いたまえ。

・私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

・私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

失敗をなきものにする人というのは、そこから学びを得ないのでいつまで経っても成長しない。学んで成長したいという思いよりも失敗して恥ずかしいという思いが上回るのだ。

そいうやっていつまでも失敗し続けるのを見るにつけ、永遠を信じているロマンチストなのか、単なるバカなのかどっちかなのだと気づく。

■耳を傾ける

素直な心というものは、だれに対しても何事に対しても耳を傾ける心である

■全てに学ぶ心

素直な心というものは、すべてに対して学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを 得ようとする謙虚さを持った心です。

■価値を知る

素直な心というものは、よいものはよいものと認識し、価値あるものはその価値を 正しく認めることのできる心である。

以上、松下幸之助の「素直な心になるために」から引用。

 

ピックアップ記事

  1. 売上を上げるためにすべきたった5つのポイント【全業種共通】
  2. マッチョが日本を救う?自己成長実感を刺激して中年男性市場を開拓せよ
  3. 問題解決できない3つの理由
  4. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  5. 選択と集中。1つのことから生まれる偉大な成果

関連記事

  1. トレーニング

    経皮毒のリスク|布ナプキンと紙ナプキンについて

    経皮毒の危険性についてはなんとなく理解が進んできている気がしているが、…

  2. 経営哲学

    コンサル不要論【概論】

    経営コンサルタントから経営戦略家へ最近、名刺の表記を経営コンサルタ…

  3. トピックス

    SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき

    SNSで喜怒哀楽浮き沈み一喜一憂甚だしい投稿を繰り返してい…

  4. コンサル不要論

    問題解決集中講義 Part.4 問題解決の3段階と2つの質問

    問題解決の3段階問題問題と大袈裟に言いますが、問題とは単なる現象・…

  5. コンセプト

    潜在意識を語る似非専門家たちへ

    潜在意識をどれくらい活用しているか世の中には色々な専門家がいるが、…

  6. 経営戦略

    理想顧客が増えない3つの理由

    自社や、自店舗のお客様が当初想定していた属性とどうやら異なると感じる、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

注目の記事

  1. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  2. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  3. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  4. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  5. 差別ではなく区別
  6. 謙虚さなしは成長なし
  7. 行動しなければ失敗も成功もできない
  8. 独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの…
  9. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの…
  10. スティーブ・ジョブズはなぜ自分の子どもにiPhone やiP…

アーカイブ

  1. 経営哲学

    MBO(Management by objectives) 〜本当の目標管理とは…
  2. 経営哲学

    独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの理由
  3. サービス

    システム思考と脳力開発|システム思考ワークショップに参加してきました
  4. 経営戦略

    リスクとはなにか
  5. 経営戦略

    ダメな経営者が陥りがちな意思決定できない3つの理由
PAGE TOP