経営戦略

いいヒト・いいミセ・いいカイシャが備える3つの機能

【読了の目安 : 4 分】

3つの”しんか”

いいヒト・いいミセ・いいカイシャには3つの”しんか”がある。

  1. 真価
  2. 新化
  3. 進化

の3つである。

らしく、あたらしく、すばらしくと抑えておこう。

ここに「深化」を加える人もいるが、深化とは問題や確執、対立が根深くなることを意味するので相応しくない。

また、進化をして変化をするなという人もいるが、進化を辞書で引けば分かる通り、進化とは変化のことである。

  1. 生物が、周囲の条件やそれ自身の内部の発達によって、長い間にしだいに変化し、種や属の段階を超えて新しい生物を生じるなどすること。一般に体制は複雑化し機能は分化していく。また、無機物から有機物への変化、低分子から高分子への変化などについても用い、拡張して星の一生や宇宙の始原についても用いられ る。「恒星の―」「陸上生活に適するように―する」
  2. 社会が、未分化状態から分化の方向に、未開社会から文明社会へと変化発展すること。
  3. 事物が進歩して、よりすぐれたものや複雑なものになること。「日々―するコンピューターソフト」⇔退化。

出典:小学館

監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文

編集協力:曽根脩 (C)Shogakukan Inc.

  1. ヒトやミセ、カイシャの独自性が発揮され、存在意義が明確になると「真価」が生まれる。
  2. 「新化」は造語であるが、革新、刷新、一新という意味で抑えておこう。
  3. そして、「進化」とは適者生存であり、古い固定観念に縛られていないか確認する意味がある。

これは大変おもしろいことに、

  1. マネジメント (顧客創造活動)
  2. イノベーション(市場創造活動)
  3. マーケティング(市場適応活動)

に一対一で対応する。

したがって、いいヒト・いいミセ・いいカイシャには、真価・新化・進化の3つのシンカと同時に、マネジメント・イノベーション・マーケティングの三大機能が備わっていなければならない。

真価とは

ヒトやミセ、カイシャにとっての存在意義、顧客や地域、社会にとっての存在価値、そして、ヒトやミセ、カイシャを通じて顧客や地域、社会に価値貢献する仕組み、つまり、ヒトやミセ、カイシャの存在意義を明確化し、顧客や地域、社会に存在価値を発現させるものがマネジメントである。

この存在意義の明確化と存在価値の発現がマネジメントによって実現された状態が「真価」(らしさ)が発揮された状態であり、顧客創造活動と呼ばれる。

新化とは

ヒトやミセ、カイシャのやりたいことできること願望能力を組み合わせて、顧客や地域、社会のまだ潜在化している欲求を満足させる商品やサービスを作り出し、あり方に変化をもたらし、世界を新しくしてしまうこと。つまり、昨日まで気づいていなかった新しい欲求を作り出しそれを満たすものがイノベーションである。

すでにあるものを組合わせてまだない欲求を満たすイノベーションによってもたらされた構造的変化が「新化」(新しさ)であり、市場創造活動と呼ばれる。

進化とは

ヒトやミセ、カイシャのやりたいことできること願望能力を組み合わせて、顧客や地域、社会のすでに顕在化している欲求を満足させる商品やサービスを作り出し、自然と支持されるようにすること。つまり、すでにある欲求を理解しそれを満たすことで販売行為を不要としてしまうものがマーケティングである。

すでにある欲求をよく理解し、より良く欲求を満たすマーケティングによってもたらされた自然と売れてしまう状態が「進化」(素晴らしさ)であり、市場適応活動と呼ばれる。

3つの”しんか”をつくるためのレシピ

以上、いいヒト・いいミセ・いいカイシャを実現するためには、真価・新化・進化の3つの”しんか”が必要である。これらはそれぞれマネジメント・イノベーション・マーケティングに相当するとも説明したが、ドラッカーによればこれは組織にとっての基本機能である。

ヒトやミセ、カイシャの存在意義を明確化し、顧客や地域、社会に存在価値を発現させるためにアドバイスしている。ご希望の方は下記よりお問い合わせを。

ピックアップ記事

  1. スティーブ・ジョブズはなぜ自分の子どもにiPhone やiPadを使わせなかった…
  2. 資格より自覚|資格さえとればと淡い期待を抱く人へ
  3. トチノキのスポルテッドから作られたネックレス
  4. マッチョが日本を救う?自己成長実感を刺激して中年男性市場を開拓せよ
  5. 【まとめ】紙媒体の魅力、メリット、良さ

関連記事

  1. 経営戦略

    理想顧客が増えない3つの理由

    自社や、自店舗のお客様が当初想定していた属性とどうやら異なると感じる、…

  2. 経営哲学

    レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

    最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断す…

  3. サービス

    システム思考と脳力開発|システム思考ワークショップに参加してきました

    システム思考ワークショップシステム思考という思考法があります。…

  4. 経営戦略

    イチロー小学校6年生の時の作文「夢」

    イチローの小学校6年生の時の作文がすごい。これは企業研修や、自己啓発セ…

  5. 経営戦略

    問題解決を迫られた時に留意すべき3つのポイント

    生き続ける限り我々は常に何らかの問題に突き当たる。そういう意味で人生と…

  6. 経営戦略

    選択と集中。1つのことから生まれる偉大な成果

    創立二周年を迎えて株式会社コンセプト・コアは、お陰様で4月5日に二…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 2月 10日

おすすめ記事

注目の記事

  1. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  2. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  3. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  4. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  5. 差別ではなく区別
  6. 謙虚さなしは成長なし
  7. 行動しなければ失敗も成功もできない
  8. 独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの…
  9. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの…
  10. スティーブ・ジョブズはなぜ自分の子どもにiPhone やiP…

アーカイブ

  1. 経営哲学

    マネジメントと学習性無力感
  2. 経営哲学

    おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの違い論争に終止符を打…
  3. お客様の声

    Silent Customer is silent gone
  4. 経営哲学

    会社にとって利益と減らしてはいけない3つの経費
  5. 経営戦略

    ニーズとウォンツ
PAGE TOP