稽古

【居合・剣術】技前上達のための稽古への心構え

【読了の目安 : 2 分】

斬稽古(試斬、試し斬り)に関わらず型(形)稽古であってもそうだが、居合や剣術における上達する人としない人の違いは、稽古に挑む心構えにある。

上達する人は稽古に確認に来る。前回持ち帰った課題に対する自主稽古の成果の答え合わせと、次なる課題の開発のために来るのだ。一方、なかなか上達しない人は稽古の時間内でしか稽古しないからいつまでも長期に渡って同じ課題に延々と取り組むことになる。

限りある稽古の機会を有効に活用しようと思えば前者のモチベーションがあるべき心構えと言えよう。後者の心構えでは時間の無駄遣いであり、機会損失以外の何者でもない。

また、後者のタイプは指導にも手間がかかり、指導を独り占めにする傾向にあるから、指導を受けたい他のメンバーにも甚だ迷惑がかかる。つまり、自分だけでなく一緒に稽古する仲間の稽古の機会も奪うことになる。もっとも、そういうことに気づかないからこそいつまでも前者のモチベーションになることができず周りに迷惑をかけつづけることになる。

課題に対する研究成果、練習の成果が検証できないならば稽古にいっても無駄になるし周りにも迷惑だからそういうときは稽古には行かない。というのは言い過ぎだが、心構えとしてそのくらいの気持ちでいるということだ。まして、真剣で斬る斬稽古であれば危険が伴うのでなおさらだ。すくなくとも自分はそうしている。

数稽古は大切であるが質が伴わねば無駄になる。テーマを決めずになんとなく稽古に挑むのはやめにしよう。

とはいえ稽古には皆来てほしいから、課題の検証ができないからと言って来るなとは絶対に言ったりはしない。

ピックアップ記事

  1. 認可外だからこそ充実の保育が実現|これからの保育園事業を考える
  2. 成功のレシピ|人生における成果を最短最速で生み出す方法
  3. 【居合・剣術】技前上達のための稽古への心構え
  4. トチノキのスポルテッドから作られたネックレス
  5. 売上を上げるためにすべきたった5つのポイント【全業種共通】

関連記事

  1. 稽古

    【居合・剣術】刀の手の内

    土方の握り方って、これ本当でしょうか?(笑)「土方歳三」の刀の…

  2. コンセプト

    姿勢の大事

    仕事でも武道でも日常生活でも姿勢が大事。まず正しい姿勢がとれる…

おすすめ記事

注目の記事

  1. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  2. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  3. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  4. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  5. 差別ではなく区別
  6. 謙虚さなしは成長なし
  7. 行動しなければ失敗も成功もできない
  8. 独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの…
  9. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの…
  10. スティーブ・ジョブズはなぜ自分の子どもにiPhone やiP…

アーカイブ

  1. 経営戦略

    ミッション・ビジョン・バリューとは
  2. コンセプト

    コンセプトとはなにか
  3. 経営哲学

    経営哲学|コンセプト・コアが大切にするもの
  4. トピックス

    母校で職業座談会講師〜その3
  5. サービス

    問題解決集中講義/悩みの解消を簡単にする技術
PAGE TOP