稽古

  1. 後藤真剣斬法研究会20180208

    神田ラボにて定例研究稽古を行った。上の動画をインスタグラムにシェアしたところ海外の剣士の方々から多くのフォローを頂いた。「洗練されてて無駄が…

  2. 胴斬りの新たな進展【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180207(杖術、剣術、抜刀術)

    月曜日につづいて中一日での研究稽古参加。ここ3ヶ月程スケジューリングがうまく行かずに突き4回の稽古会にフル参加することが叶っていないため、こんな無茶な日…

  3. ゼロ重量の運刀【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180205

    今日は格別に興奮している。下段構えからの正面斬り(斬割)にさらなる進展が見られたからだ。これは昨年秋に八相の構えから起こりを見せない瞬速の袈裟斬…

  4. 生々流転【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180128(杖術、剣術、抜刀術)

    生々流転/せいせいるてん(しょうじょうるてん)世の中の全ての物は、次々と生まれては時間の経過とともにいつまでも変化し続けていくという意味。「生生」は次か…

  5. どこまでも真っ直ぐに【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180115(杖術、剣術、抜刀術)

    剣術における下段からの正面斬り(真向斬り)に進展が見られた今日の金山剣術稽古会。従前より、上段の構えからの斬り下ろしに慣れていた私は、金山剣術稽古会に参…

  6. 八相からの胴斬り(水平斬り・横一文字)の進化

    八相からの袈裟斬りは昨年末にかなりの進化を遂げた。具体的には書かないが、いわゆるオコリが見えにくい無駄のない動きが可能となってきた。しかしながら…

  7. 新年初稽古【稽古備忘録】金山剣術稽古会20180104(杖術、剣術、抜刀術)

    2018年最初の稽古は昨年夏から参加している金山剣術稽古会でスタートした。今回の年末年始は土日始まりだったこともあり、三ヶ日を駆け抜けあっという間に始業…

  8. つま先と踵に関する備忘録

    前回からの続きでつま先と踵について少し補足。右足を前、左足を後ろにした構えをとる。この状態で前進する時、左足のつま先と踵(かかと)のどちらを使うべきか。…

  9. モーメントアーム【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171211

    踵(きびす)を強く踏むべしとは、宮本武蔵も五輪書の中で言っているが、今日の稽古会で検証してみたいことはまさに踵の運用であった。足に重さと書いて踵…

  10. 居つかない動き【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171204(杖術、剣術、抜刀術)

    普遍性とは、どんな分野においても適用可能であり有効なものである。4日(月)昨日の金山剣術稽古会ではそのことを強く実感し、そこで得られた実感というのはおそ…

  11. 寸勁零式、ついに全天候型へ

    対象物から一寸(約3センチ、1インチ)の距離から寸断する寸勁(すんけい)。中国拳法の発勁に端を発する。勁(けい)とは運動量であり、寸勁というときは、一寸…

  12. 金山孝之 剣術特別講習会 20171125

    稽古参加している金山先生の剣術特別講習会に参加した。なんと、剣術単体での講習会は初とのこと。個人的な興味といえば、テクニック云々ではなく、いつも…

  13. 見えない突き【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171120(杖術、剣術、抜刀術)

    午前中に毎週月曜定例のパーソナルトレーニングを終えて一旦満身創痍になったあとの稽古会参加で今日もフラフラ。稽古会で下半身鍛錬をすることを見越して上半身特化で限界…

  14. 続・袈裟斬りの新天地【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171117(杖術・剣術・抜刀術)

    金曜の金山剣術稽古会は初参加。制定居合の若者たちで溢れかえっている。19時からは剣道部の団体がやってきて稽古どころじゃなくなった。その前に、ということで…

  15. アラインメントとドリル

    先週より木曜の午後は斬法(きほう)指導が入ることになった。真剣斬法研究家としてソロ活動を開始したことは先日の記事でも報告したとおりだが、ありがたいことに…

  16. 袈裟斬りの新天地【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171113

    諸用あって2週間振りとなった稽古会は、更衣室に入る前に武道場を覗くと、何かに取り憑かれたかのように一心不乱に袈裟斬りを繰り出す金山氏の後姿を目撃することから始ま…

  17. MP関節の斬法への応用

    本日の出張斬法指導は、「手の内」をテーマに実施した。より具体的にはMP関節の運用についてである。MP関節とは手や足の指の付け根にある第三関節のこ…

  18. 手の内の養成【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171019(杖術、剣術、抜刀術)

    なぜ私が杖術に興味をもったかについては過去の備忘録にもしたためてあるが、その時はたしか、「気剣体の一致」を探るためと書いた。もう一つ大きな理由がある。それは「手…

  19. 質の違い【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171012(杖術、剣術、抜刀術)

    股関節周りの深層筋がひどい筋肉痛。本日の金山剣術稽古会はいつもと違って武道場が空いており、下半身鍛錬稽古からスタート。その後、先生より肩甲骨の状態による…

  20. MP関節の運用により杖化する剣術と抜刀術【稽古備忘録】金山剣術稽古階20171005(杖術、剣術、抜…

    杖術を直感的にはじめてみようと思ったきっかけは、斬法(きほう)は手首のスナップではなく手の内の作り込みで行うと確信を得たことで、手の内の養成のためには杖術がぴっ…

おすすめ記事

  1. 稽古

    アラインメントとドリル
  2. 稽古

    浮きによる推進力【稽古備忘録】金山剣術稽古会20170907(杖術、剣術)
  3. 稽古

    質の違い【稽古備忘録】金山剣術稽古会20171012(杖術、剣術、抜刀術)
  4. 稽古

    つま先と踵に関する備忘録
  5. 経営哲学

    独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの理由
PAGE TOP