経営哲学

肯定的とは

【読了の目安 : 1 分】

時が熟すのを待つのはホントにキツイものがある。

我慢の連続だし焦ったって仕方ないし、その先に見ようとしているものがあるものの、その時何が見えるかはその時になってみないとわからないから。

時が熟すとあとはそれを収穫して美味しくいただくわけだが、食べ頃を逃すと腐るから注意。

元々目的志向のタイプだから何事もなんとなくやる、ということはあまりしないけれど、それでも創業5年目にしてようやくクリアに見えてきたものがある。

本当のお客様とは誰か。

それを見極めるためには消去法的にその逆のサンプルも数多集めなければならない。

僕の場合それに5年要した、というだけのこと。

たった5年で済んだと思うか、5年もかかったと思うか、その捉え方もひとそれぞれ。

ひとつ言えることは、物事は何事も肯定的に捉えない限り前には進めないということ。

肯定的とは、受け入れることに他ならない。

ピックアップ記事

  1. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの違い論争に終止符を打…
  2. 選択と集中。1つのことから生まれる偉大な成果
  3. スティーブ・ジョブズはなぜ自分の子どもにiPhone やiPadを使わせなかった…
  4. マーケティングに非ず、セールスに過ぎず
  5. 【居合・剣術】技前上達のための稽古への心構え

関連記事

  1. 経営戦略

    リスクとはなにか

    リスクの概念リスク (risk) とは、一般的には、「行動すること…

  2. 経営哲学

    レジリエンス〜逆境に打ち勝つ力

    最近紙面でもよく見かけるので書いておきましょう。文脈から判断す…

  3. 経営戦略

    人を動かす戦略

    人を変えることはできない。変えることが出来るのは自分だけである。…

  4. 経営哲学

    差別ではなく区別

    ある人からわたしの言動に対し「あなたはわたしを差別している」と指摘を受…

  5. 経営哲学

    経営哲学|コンセプト・コアが大切にするもの

    使命世の中に2つとないコンセプトをつくり、お客様にとって、一緒に働…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

注目の記事

  1. 普遍性を追求すると何にでも活かすことができる
  2. 情熱はつくれるか〜情熱がもてなくて悩むあなたへ3つのアドバイ…
  3. 最新の脳科学?あなたはいつまで脳みそに囚われ続けるのか
  4. SNSで喜怒哀楽・一喜一憂している人は平常心を学ぶべき
  5. 販売代理から購買代理へ〜セルフイメージの実践的活用法
  6. 差別ではなく区別
  7. 謙虚さなしは成長なし
  8. 行動しなければ失敗も成功もできない
  9. 独学・我流は危険。パーソナル・トレーニングをお勧めする3つの…
  10. おもてなしとはなにか〜おもてなし、ホスピタリティ、サービスの…

アーカイブ

  1. トピックス

    母校で職業座談会講師〜その4
  2. 経営戦略

    ネット×リアル|次世代ハイブリッド型店舗とオムニチャネル
  3. 経営哲学

    会社にとって利益と減らしてはいけない3つの経費
  4. 製品紹介

    pH13強アルカリ電解水尖水(トガリミズ)とグリースフィルターの洗浄
  5. コンセプト

    コンセプトとはなにか
PAGE TOP